バイナリー発電システム マイクロバイナリー

世界最高の神戸製鋼のスクリュ圧縮機技術から生まれた世界初の半密閉スクリュタービン方式の高効率・小型バイナリー発電システム「マイクロバイナリー」。
省エネ、電力ピークカットの節電対策として、また小規模グリーン電力発電の構築が可能な発電システムです。
温水熱源マイクロバイナリーは、70~95℃の温水を熱源とし、最大72kW(発電端ベース)の発電が可能、蒸気熱源マイクロバイナリーは、110~130℃の蒸気を熱源とし最大125kW(発電端ベース)の発電が可能です。

特徴

世界初の半密閉スクリュタービン方式のバイナリー発電システム

スクリュタービンと発電機ロータとを一軸一体構造とすることで、軸シール、カップリング、発電機のベアリングが無い半密閉スクリュタービン方式のバイナリー発電システムを世界で初めて実用化。
作動媒体や潤滑油が漏れない構造により、長期の安定運転が可能です。

半密閉スクリュタービン方式発電機の構造

半密閉スクリュタービン方式発電機の構造

熱源変動に追随した高効率の発電性能

長年培われた世界有数の圧縮機、冷凍機の技術をベースに開発したスクリュタービンを採用。
熱源変動に強く、高効率な発電が可能です。

スクリュタービン外観
スクリュタービン外観
熱源変動に追随した高効率の発電性能

低価格

冷凍機、ヒートポンプの量産技術の活用や部品の共用化を図り低価格化を実現しました。

簡易型・小型バイナリー発電システム

オールインワン構造のため、省スペース設置や工事費用の削減が可能です。
熱源条件や設置環境に応じた最適なシステム設計が可能です。

タッチパネルで簡単操作

タッチパネルで簡単操作

発電システムフロー

マイクロバイナリーの発電システムフロー(オーガニックランキンサイクル)

マイクロバイナリーの発電システムフロー(オーガニックランキンサイクル)

※1 出口温度は成り行きになります。
※2 各種条件により、出入口温度差は変動します。

バイナリーサイクル発電方式

加熱源(MB-70Hでは温水、MB-125Sでは低圧蒸気)により沸点の低い作動媒体を加熱、蒸発させてその蒸気でタービンを回し発電する方式です。
熱源系統と作動媒体の二つの熱サイクルを利用して発電することから、バイナリー発電サイクルと呼ばれています。低沸点の作動媒体で発電出来るため、低位の未利用エネルギーの発電によるエネルギー回収が可能です。

作動媒体

マイクロバイナリーでは作動媒体として、有機媒体HFC245faを採用しています。 HFC245faはオゾン破壊係数(ODP)が0で、環境負荷も少ない不燃性の不活性ガスです。温水バイナリーMB-70Hは、作動媒体に不活性ガスを採用するなど、電気事業法の小型バイナリー発電の規制緩和の対象仕様に合致しています。

ユニット内機器の機能

①蒸発器
蒸気/温水の熱により作動媒体を蒸発させる熱交換器です。熱交換率の高いプレート熱交換器を採用しています。

②半密閉スクリュタービン方式発電機
蒸発した作動媒体によりスクリュタービン(=発電機ロータ)を回すことにより発電します。
マイクロバイナリーでは世界で初めて半密閉型スクリュタービン方式の発電機を採用しました。また、発電機本体は効率の高い IPM発電機を採用しています。

③凝縮器
冷却水により作動媒体ガスを液化させる熱交換器です。
蒸発器と同じく、熱交換率の高いプレート型熱交換器を採用しています。

④作動媒体ポンプ
作動媒体を蒸発器に送る軸シールレスのポンプです。最適な発電性能を保持するため自動制御されています。

⑤インバータ/コンバータ
インバータにより発電機に制動をかけ、回転数を制御しながら発電電力を直流部に回生します。コンバータはインバータにより直流部に回生された電力を系統(商用電源)に回生します。

⑥発電端出力/送電端出力
送電端出力は発電機で発電された出力(発電端出力)から、冷媒ポンプなどユニット内で消費される動力を差し引いた、ユニットのネット発電出力です。

温水熱源マイクロバイナリー(MB-70H)による72kW(定格出力発電)の一例

マイクロバイナリーの発電システムフロー(オーガニックランキンサイクル)

※1 出口温度は成り行きになります。
※2 各種条件により、出入口温度差は変動します。

よくあるご質問(FAQ)

マイクロバイナリーについて、よくお寄せいただくご質問をQ&A形式でご紹介します。 (以下のQをクリックすると、Q&Aに移動します。)

Q.01 マイクロバイナリーのラインナップは?

熱源の種類に応じ、温水熱源マイクロバイナリーMB-70Hと、蒸気熱源マイクロバイナリーMB-125Sを販売しております。

Q.02 熱源の条件は?

【温水MB-70H】
装置仕様上の温水の条件は、温度:70~95℃、温水量:25~75t/hです。

【蒸気MB-125S】
装置仕様上の蒸気の条件は、飽和温度:110~130℃、蒸気量:0.9~1.8t/hです。

※詳しくは、カタログ掲載の標準主仕様をご参照ください。

Q.03 何kW発電できますか?

温水MB-70Hの最大発電端出力は72kW、蒸気MB-125Sの最大発電端出力は、125kWです。
出力は、供給される温水・蒸気の条件および、冷却水の条件により変動します。

Q.04 屋外設置可能ですか?

屋内、屋外共用仕様です。腐食性ガスおよび積雪等が危惧される場合は、屋内設置してください。

Q.05 スクリュタービンのメリットは?

マイクロバイナリーは、当社で長年培われた世界有数の圧縮機、冷凍機の技術をベースに開発したスクリュタービンを採用しております。スクリュは、特に小型領域において熱源変動に強く、高効率な発電性能を有しており、長期の安定運転が可能です。

Q.06 複数台設置は可能ですか?

大きな熱源に対しても同機種を複数台設置するモジュール対応が可能な設計となっています。

Q.07 排ガスは利用できますか?

排熱回収ボイラ等で、70℃以上の温水(MB-70H)又は、110℃以上の飽和蒸気(MS-125S)に変換し、供給いただく必要がございます。

Q.08 ボイラーの蒸気を使えますか?

110~130℃の清浄な飽和蒸気であれば、蒸気MB-125Sへ投入することが可能です。

Q.09 バイオマス発電は可能ですか?

バイオマスボイラから、仕様条件の蒸気、温水を供給いただければバイオマス発電用途にもご利用いただけます。
蒸気バイオマスボイラを熱源とした発電をご検討される際は、小型汽力発電機スチームスター(MSEG)と蒸気熱源マイクロバイナリMB-125Sの組み合わせによる高効率ボトミングサイクルもご検討ください。

Q.10 バイオマス発電の実績はありませんか?

バイオマスボイラーを熱源としたマイクロバイナリーの設置実績としては、南あわじ市における「平成24年度地球温暖化対策技術開発・実証研究事業(補助事業)」がございます。
小型汽力発電機スチームスター(MSEG)では、木質バイオマス発電にご採用いただいた事例が複数ございます。新規ご計画の際は、スチームスターと蒸気MB-125Sの組み合わせによる高効率ボトミングサイクルもご検討ください。

Q.11 防爆対応は出来ますか?

現在のところ防爆仕様には、ご対応しておりません。

Q.12 海外輸出は可能ですか?

現在のところ海外向けには、ご対応しておりません。